子供と遊ぶ:手作りそうめん流しその②(やりたいことが湧いてくる)

 

いきなりですが、

完成しました。

手作りそうめん流し2017年バージョン。

 

f:id:kechiryman:20170716233012j:image

 

今年は最終コーナーでループを作成しました。

 

f:id:kechiryman:20170716233036j:image

 

まず、用意するものは
1、カナヅチ
2、ナタ

です。

 

f:id:kechiryman:20170716233053j:image

 

ナタを竹に押し当てて

 

f:id:kechiryman:20170716233110j:image

 

ヘッドをカナヅチでコンコンと叩くと簡単に割れます。

 

f:id:kechiryman:20170716233252j:image

 

はい。ズラリと用意できました。

中は綺麗というか美しいです。

魚捕りの回と同じように息子の人間メジャーです。

 

f:id:kechiryman:20170716233153j:image

 

次に節をカナヅチで叩いて取っていきます。この時、本当は節に凹凸がなくなるようにグラインダーで削るのが、滑らかなそうめんスライダーにはいいのでしょうが、グラインダーはないので、できるだけ、綺麗に叩いて取っていきます。

 

f:id:kechiryman:20170716233217j:image

 

水洗いします。

 

f:id:kechiryman:20170716233323j:image

 

洗剤で洗います。

このあと1〜2日天日干しで乾かします。

 

f:id:kechiryman:20170716233346j:image

 

さあ!組んでいきます。

固定するものはありません。

ただ、竹の重力とバランスです。

 

f:id:kechiryman:20170716233428j:image

途中、ゴミ箱も台になります。

今回のスタート地点は脚立。

途中、このゴミ箱、イス2連結など家にあるもので作成していきます。

 

f:id:kechiryman:20170716233505j:image

 

早速、流します。

それっ!

 

f:id:kechiryman:20170716233530j:image

 

ありゃりゃ、流し過ぎで大渋滞が起きています。

ゆっくり少しずつ流せば、いい感じにすくえます。

 

f:id:kechiryman:20170716233636j:image

 

炎天下の自作そうめん流しはまた、格別の美味しさです。

 

f:id:kechiryman:20170716233653j:image

 

家族も大満足です。

娘が歩きまわるとすぐに完全崩壊するので、イスで食べさせました。

 

 

Amazonでそうめん流しは簡単に買えますが、こうやって時間と労力をかけて自力で作成すれば、親子の絆もきっと深まると思います。

まだ、息子が5歳だから喜んでやってくれるけど、だんだんやってくれなくなるんだろうな〜と思いつつも、手作りそうめん流しのワークショップやったら、やりたい人いるんじゃないかな?と感じました。楽しいよ。

 

そうめん流しで地域のことを考えるきっかけとなれば、いいなぁと思いつつ…。

 

個人的には、TOKIOの鉄腕ダッシュのダッシュ村みたいなこともやりたいな。

自分で鶏🐓飼って、その糞でメタンガス出して炊飯にまわして、休耕田で田植えして収穫して、稲わらでしめ縄作って、鶏肉を藁焼きで食べて、畑で野菜作って、綿からTシャツ作って、人が住まなくなった家をリノベーションして。

無尽蔵に出るなあ〜、やりたいこと。