家族とは…

 

先週、小林麻央さんが亡くなったというニュースはケチリーマンにとって衝撃でした。

海老蔵さん39歳、麻央さん34歳、長女5歳、長男4歳。

1〜2歳年齢は違いますが、ケチリーマンとほぼ同じ感じ。

生まれて40年ちょっと。

いろんな出来事がありましたが、

いつも家族は大事にしてきました。

両親が共働きで夜勤もあったので、県北のばあちゃんの家で中学まで過ごしました。

土日に両親が来て、また戻って行く。

最初は、週末会いに来る両親に人見知りしているような子供でしたが、ばあちゃんに鍛えられました。

そのばあちゃんももうすぐ97歳。

家で過ごしたいというけれど、足腰がダメなので介護施設にいます。

大学を卒業して家を出て、28の時に母が大腸癌で、32のときに父が心筋梗塞で死にました。

それから、結婚して、かわいい子供にも恵まれて。

 

母を蝕んだ癌が嫁と同い年の一人のお母さんの命を奪う。
一番必要な時期なのに。

どうも、人ごとと思えなくていけません。

 

f:id:kechiryman:20170624120746j:image

 

 麻央さんが残した言葉…

「色どり豊かな人生」

「なりたい自分になる」

「人生は一度きりだから」

 

痛いほど、胸に突き刺さります。

これだけ医学が進歩した世の中で多くの人が「癌」で亡くなる。

何とかならないものなのかなぁ?