子供と遊ぶ:魚捕り

 

ブログの本来の趣旨は

広島の食の魅力の紹介と子連れハワイだけど、勝手にケチリーマンの日常も紹介します。

 

休みの日の息子の口癖は

「父さん、何する?」

「暇だ〜」

です。

ケチリーマン企画王なので、何かしら子供が楽しむことを考えます。

そうだ!

この前、幼稚園の送迎の途中に魚の子供の大群が、浄水場にいたので捕りに行こう!

 

f:id:kechiryman:20170527120523j:image

 

ただ、橋の上からなので、そこまで届く網はありません。

すぐに長い網を買っては、時間がもたないし、子供なんてすぐに、飽きてしまうのでもったいないのです。

そこで、家にあるものを探して、ロング網を作成しましょう!

 

あった、あった。

 

f:id:kechiryman:20170527120438j:image

 

園芸用に使う緑の棒と養生テープです。

 

f:id:kechiryman:20170527120454j:image

 

これを、連結させて行くと

 

ジャジャ〜ン!

 

f:id:kechiryman:20170527120421j:image

意味がわからずしぶしぶ道路に横たわる息子ではなく、超ロングな網の完成です。

 

さっそく、橋の上から伸ばして見ます。

 

f:id:kechiryman:20170527120650j:image

 

何とも、ふにゃふにゃです。

魚の大群は、少し離れたところにいますが、諦めないで、待っていると近づいて来ます。

 

f:id:kechiryman:20170527120837j:image

 

水面を覆い尽くす量の小魚です。

外敵に襲われないように、円を描いています。NHKのドキュメンタリーで見たまんまです。

太平洋の遥か彼方に行かなくても、南区の浄水場で生態のお勉強ができます。

「ねえ?なんで、円になっとるかわかる」

「…、わからん」

「それはね〜…。」

「父さん!網!」

お勉強は即座にストップ。

親の想いなど理解されません。

親魚が水中で激昂するくらい小魚を追いかけ回します。

 

f:id:kechiryman:20170527122034j:image

 

近所の人も何事?と家から出て来かねないレベルで一緒にはしゃぎます。

 

f:id:kechiryman:20170529084344j:image

 

釣果は「0」。

でも、そんなのどうだっていいんです。

子供はめちゃくちゃ楽しそう。

全力で遊ぶ。

これが、ケチリーマン流の子育てです。

特に男の子。子供以上にはしゃげば、親子の距離が近くなること間違いなしです。

時々(いや、しょっちゅうですね)、嫁は息子の行動を理解できない時があるようですが、ケチリーマンからすると

「なんで?ええじゃん」
だったりします。
息子の5歳9ヶ月は今だけです。

あと5年もしたら、遊んでくれなくなるでしょう。

なので、全力で。

いい話でしょ〜?

ひょっとしたら、NHKのプロフェッショナル仕事の流儀が取材にくるかもです。

 

待て、待て。

ずっと遊ぶわけにはいきません。

「父さん、もう仕事に行かにゃあいけん時間じゃわ」

そうです、ケチリーマン=サラリーマン。昼から仕事なので、そろそろ撤収します。

息子と全力で遊ぶのと同じくらい全力で仕事もしないと食べていけません。

これが、正直遊びを切り上げるいい口実。息子もあとすたれなく、撤収を受け入れてくれます。

家に帰ると

「母さ〜ん」

と結果報告タイム。

それを横目に仕事の準備を済ませて仕事に向かいます。