読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

純喫茶編:てらにしコーヒー(中区宝町)

ケチリーマン大の純喫茶好き。

赤いベロアのソファに、テカった茶色い低めのテーブル、今日何人が読んだのかと想像すると新聞社が泣きそうになるスポーツ紙、薄暗い店内、適度な放置プレイ…。

挙げれば、枚挙にいとまがないのですが。

そんな理想の純喫茶を探して今日も彷徨うさすらいのケチリーマン。

といっておきながら、ケチリーマンあまり喫茶店☕️を利用する機会がありません。

そんな中で、ちょっと朝30分だけ時間が空いたので、ここぞ!とばかりに突撃です。

今日は「てらにしコーヒー」さんをドラフト会議にかけるか調査します。

 

◾︎てらにしコーヒー

f:id:kechiryman:20170430121225j:image

 

場所は中区宝町

フジグラン広島の近くです。

 

あれっ?やってんのかな?

という外観です。

恐る恐る店内をケチリーマンスコープで

*ケチリーマンスコープ…外から薄目で中を覗き込むことです。

見てみると店内はオレンジ色の灯りで間違いなく営業されています。

ドアを開けてみると

先客が3組もおられました。

ここで!

純喫茶ケチリーマンポイント①

ドアを開けたときの鈴の音

×…ありませんでした。

→カランコロンカランって無機質な店内に響いて「いらっしゃい」が欲しいね。

純喫茶ケチリーマンポイント②

×…クタクタな赤いベロアのソファ

→固めの重厚な木の椅子でした。

朝から背筋が伸びまくリーマンです。

テーブルのテカリ具合はいい塩梅でしたよ。

で、早速注文

実はケチリーマンてらにしコーヒーさんは過去に一度来たことがあります。

モーニングです。

 

f:id:kechiryman:20170502083601j:image

 

ゴ、ゴ、ゴージャス!

(マダガスカル🇲🇬!)

3種類のトースト、サラダ、コーヒー

美しい配置です。

これが、てらにしコーヒーさんの魅力のひとつです。

聞くところによると、ジャムやトースト、ドレッシングは自家製だそうです。

確かに味は最高です。

が、量が多いです。

大食漢のケチリーマンも朝はそんなに食べません。

逆流性食道炎持ちで、朝の歯磨きで、もれなくえづく、おじさん好きにはたまらないオプションを持っているのもありますが。

コーヒーはあっさりタイプです。

 

f:id:kechiryman:20170502184102j:image

 

残り少なくなったところで、自家製ミルクを注ぐとマイルドで2度美味しいです。

純喫茶ケチリーマンポイント③

放置プレイ

×…とにかく、気配りが半端ないです。

→ここが、またてらにしコーヒーさんの特徴でもありますが、ケチリーマン白いズボンを履いていたのですが、飛び散らないように、ブランケットを。

ドレッシングも追加できますよ。

ミルクも入れたら美味しいですよ。

など、これだけ聞いたら、「放っておいてくれよ〜」っていう感じですが、付かず離れずの対応が、さながら高級ホテルのようです。

 

f:id:kechiryman:20170502184043j:image

 

ただ、最後に伝えないといけない事態が…。

お会計800円也。

中々、毎日行ける値段ではありませんが、店には入れ替わり立ち代りお客様が押し寄せて、値段ではないサービスがお客様を引き寄せているんだなあ〜と感じた瞬間でした。

折しも、定価販売が常識のコンビニの雄、セブンイレブンが店内のPBブランドだけでなく、NBブランド(P&Gの洗剤など)を値引き販売するというニュースが流れていました。

他との差別化をどこに求めるか?

たやすく、価格に求めると体力を消耗するだけに、クオリティの高いサービス(味、接客)を差別化の武器にされているように感じました。

広島の人の買い物ゾーン(パルコ〜袋町〜紙屋町)から少し離れているのですが、ケチリーマンの以前の通勤ゾーンなので、親しみある地域です。

てらにしコーヒーさん

ドラフト会議候補となりました。

ごちそう様でした。

 

広島県広島市中区宝町6-15