お好み焼き編:「丹也」(南区山城町)


日々、安くて美味しいお好み焼きを探して彷徨う荒野のお好み焼きハンターケチリーマンです。
とはいえ、中々、500円台で美味しいお好み焼きとなるとハードルが高くなってしまうのが、広島のお好み焼きを取り巻く環境です。

そんな中、ケチリーマンが満を持して紹介するのは南区山城町の「丹也」さん

今日は「丹也」さんをドラフト会議にかけても問題ないか調査します。

ていうか、ケチリーマンが高校生の時から通っているので、顔なじみなのです。

最近は出没頻度が少なく月1回くらいとなっていますが、その味はいかに⁉︎

 

f:id:kechiryman:20170413172928j:image 

 

路面電車でのアクセスは広島駅から

「広島港行き」1番,3番,5番路線のいずれかに乗車し,県病院前で下車,徒歩15分。

バスでのアクセスは広島市内中心部から

仁保沖町行き」12号線(戸坂~仁保方面)に乗車し,中国自動車学校で下車,徒歩3分

ですが、正直、交通の便は悪くあえて行くなら車です。

しかし、その車で行っても駐車場はおろかコインパーキングも近くにはありません。

すなわち、これぞまさに広島庶民のお好み焼き屋さんの典型である近所の人の、地元の人のお好み焼き屋さんなのです。

あえていうなら、周囲には、広島南警察署や中国自動車学校があります。

ケチリーマン悪いことはしないのですが、落し物をよくするので、1年に1回くらいはこの南警察署に出向くことがあります。

周囲は、これぞ広島の下町、旧市内と言われる所以の庶民感満載の光景が広がります。

住宅街でケチリーマン憧れの翠町5丁目(※翠町5丁目はケチリーマンが住みたい場所です。)もすぐそばです。

 

ここで、ケチリーマン恒例の儀式、暖簾から中を覗く必要はありません。

なぜなら、ケチリーマン行きつけだからです。

ケチリーマン:「こんちは〜」

おばちゃん:「お〜」

ケチリーマン:「肉玉そばシングル!」

おばちゃん:「シングルで足りるんね?」

ケチリーマン:「シングルが一番うまいんよ」

のいつもの定型の会話から、必ずおばちゃんの昔話の流れです。

8?歳のおばあちゃんですが、背筋はしゃんとしていて身綺麗です。

実際よりかなり若く見えます。

「商売というより、うまいお好み焼きを食べさたい務めでやっとるんよ」とよくおっしゃられています。

これぞまさに、庶民派ですね。

 時間は12時30分。

お昼過ぎですが、いつもそんなにお客さんはいません。

 定位置であるテレビとおばあちゃんが見れる位置にOTT(on the teppan)。
「肉玉そば」は550円です。

消費税が10%にあがったら値上げせんとね〜と8%は耐えられました。

 

f:id:kechiryman:20170413174957j:image

 

オーソドックスな焼き方です。

生地、魚粉、キャベツ、もやし、豚肉のミルフィーユに袋麺です。
そばをお好み焼き本体と同時進行で焼いてパリパリにするスタイルです。

キャベツは細かいザク切りタイプ。

しっかり押さえて水分を抜きます。
肉玉そば(550円)到着!

 

f:id:kechiryman:20170413175232j:image


うまそうです。

すべてのバランスがいい。

おばちゃん曰く

「肉と天カスにはこだわってるんよ」

確かに、広島のファーストフードとして早く出来上がりますが、味に深みがあり飽きません。

あっという間に完食です。

初期設定のソースの分量もパーフェクト💯!

 

550円、いつもの味。

食のプレイボーイ、ケチリーマンが浮気しない味はやはり格別でした。

口調が多少荒く感じられるおばちゃんですが、広島の庶民の味を大切に守り続ける大切な存在です。

 

f:id:kechiryman:20170413180009j:image

 

南区山城町「丹也」さん。

馴染みの味で見事ドラフト会議候補となりました。

 

 ごちそう様でした。