パン屋編:西区横川「ブールシュクレ」

ケチリーマン 滅多にない日曜日休み。

この日は、横川の「ブールシュクレ」さんをドラフト会議にかけるか調査します。

場所は横川駅から5分位、川沿いの桜並木🌸が綺麗な場所にあります。

 

f:id:kechiryman:20170409145938j:image

 

外観はおしゃれ背伸びおじさんの半歩先を行ったナイスな感じです。

が、特筆すべきは、鎮座するパン達の美しいこと。✨

 

 f:id:kechiryman:20170409150226j:image

 

一般的にいう惣菜パンなのですが、その整然としたフェイスは圧巻です。

一部はスコップのようなもので、すくってトレーにONするという斬新なものです。

期待度が高まりマッスル💪!

普通のパン屋さんでは見かけないラインナップにケチリーマンのテンションMAXです。

まるで、「パンの宝石箱や〜💎」

 

◾︎サーモンのクロックムッシュ(350円)

f:id:kechiryman:20170409221459j:image

しっかり、サーモン感じます。

滑らかな口当たりで、どんどん進んじゃいます。

 

◾︎自家製カレーサンド(300円)

f:id:kechiryman:20170409221555j:image

肉感が感じられる自家製カレーで

辛くなくマイルドです。

 

◾︎キャベツとあさり(230円)

f:id:kechiryman:20170409221055j:image

キャベツとあさりがon the 薄いパンです。興味津々、即 on トレーです。

そしてこれが3つの中でベスト1でした。

ていうか、この薄っすーいパンの上にてんこ盛りの興味津々具材シリーズ=スコップで取るシリーズ=このお店で選ぶべきシリーズの黄金の方程式なのです。

(だと思います。他にも何種類かありました)

惣菜パン(惣菜パンって言ったら申し訳ないレベルです)の内容が斬新、だけどとってもパンに合うし、美しいし、おいしいのです。

 そして、薄っすーいパンにてんこ盛りの具材のアンバランスさが、てんこ盛りの具を自宅のパンに分けて載せて食べるとちょうどいい。

まさにケチリーマン精神ビンビン状態なのです。

 

f:id:kechiryman:20170409222818j:image

 

おしゃれでおいしいのに、お得感もあるケチリーマン精神をくすぐりまくる憎いやつなのです。

 

この日は最高気温が20度を超えて若干、暑いくらいでした。

パンを買って、桜の木の下でランチなんてのもおすすめです。

美しいパン+桜=α波の大洪水ですね〜。

 

「ブールシュクレ」さん。

食を「五感」で感じさせてくれる素敵なお店、ドラフト会議候補となりました。

ごちそう様でした。

 

 

そして今日は偶然、広島古物會の開催日でした。

f:id:kechiryman:20170409223605j:image

今年から会場変わって、中央公園でしたので、帰り際にちょっと立ち寄りました。

f:id:kechiryman:20170409223625j:image

 

私の世代には実家にあったような、ばあちゃんの家にあるようなものに懐かしさを覚えました。

 

f:id:kechiryman:20170409225214j:image

f:id:kechiryman:20170409225229j:image

 

今の若い世代には新鮮に映るんだろうな〜と感じながら、大きなお皿をGETしました。

 

斎藤由貴の「卒業」の「卒業式で泣かないと冷たい人と言われそう。でも、もっと悲しい瞬間に涙はとっておきたいの」ケチリーマンにグッとくるフレーズや渡辺美里のマイレボリューションのノリノリのリズムも、今の若い人に「はっ?」って言われるんだよね。寂しいね〜。何の話?

飲食ブースには、長蛇の列でした。

 

f:id:kechiryman:20170409225431j:image 

f:id:kechiryman:20170409225448j:image