2017年子連れハワイ:エンバシースイーツワイキキビーチウォークの魅力③(リゾートフィー無料)

今回のハワイ旅行を計画する際に、魅惑のエンバシー・スイーツ・ワイキキビーチウォークに出会ってしまったこと、子連れ(特に10ヶ月の娘がいること)旅行であること、からいつもにもまして、綿密な事前調査を実施しました。

HISのプランでは、一瞬お得かな?と思えるのですが、出発日、並び列、羽田発

(私は地方に住んでいるので、関東、関西の人より条件が悪くなります(>_<))などのソートにかけると「えっ⁉︎?」という金額になってしまいます。

 ▪️出発日

幸いなことに休みの設定は自分で何とか融通をきかせれる職場なので(ケチリーマンはサラリーマンなのです)正月明けの価格が少し下がる時期(2017年1月11日)にしました。

▪️並び列

これがくせものです。ネットで色々調べると、あまり離れたことはないという話もありましたが、自分と妻、5歳の息子が離れたら大変です。加えて今回は10ヶ月の娘は2歳未満なので、座席を💺確保しないでの旅行です。なおさら、並び列になるか、どうかなんて直前までわからない旅行なんて、ケチリーマンでも不安です。ですが、HISさんには、「並び列確約は1人1万円」と書かれています。

これでは、総額3万円UPで、一瞬お得かな?と思う妄想が崩壊します。

▪️羽田発

今回はANAを利用しました。(JALはよく調べてないのと、昔からANA派だったという根拠のない理由で(しかし、このANA利用がケチリーマンを精神を後々加速させていくのです))

成田でも、羽田で乗り換えればいいじゃんって思われるかもしれませんが、子連れ、地方で車移動が常識の私にとっては、この1〜2時間の移動だって死活問題なのです。

以上のことを勘案して、今回は航空券とホテルを別々に手配することにしました。ここで出てきたのが、リゾートフィーなるくせものなのです。リゾートフィーとは、ハワイのホテルには一般的なもので、ホテルへのチップのようなものです。概ね一泊15〜30ドルが相場で、ハイクラスホテルは30ドルくらいかかります。HISなどの旅行代理店で手配した場合は、このリゾートフィーが旅行代金に含まれているので、今までHISのパックがメインだった私にとっては、未知の料金でした。しかし、このエンバシー・スイーツ・ワイキキビーチウォークは個人で手配した場合でもこのリゾートフィーがかからないホテルだったのです。もし仮にリゾートフィーが1泊20ドルだったら、今回4泊したので、何と追加料金80ドルというケチリーマン驚愕の追加料金だったのです。そして、航空券も個人手配することで(ANA)並び列、羽田発の問題もクリアでき、総額も抑えられるという個人的に大満足のプランが完成したのです。

▪️航空券個人手配のメリット

①地方発の乗り継ぎが羽田でも成田でも同料金

②座席指定ができる(ANAのお姉さん丁寧でした。ついでに機内食もオーダーしました)

③バシネットの指定ができる

f:id:kechiryman:20170218160632j:image

ANAのサイトで予約すれば、①②③が簡単に抑えられるので、不安は一掃されました。