2017年子連れハワイ:エンバシースイーツワイキキビーチウォークの魅力②(朝食付き)

ハワイの物価の高さは、いくらハワイが好きな私でも辟易する問題です。ただでさえ困惑する問題なのに外食にいたっては、そこにチップまで上乗せされます。その上乗せ額も15%だったらまだましで、20〜30%ってこともザラです。ケチリーマンには危機的な水準の問題です。さらに、許しがたいのは、最低なサービスでかつ当然の請求というチップの精神と矛盾しまくっている現実です。これは、次に記載するリゾートフィーという当然に存在がまかり通っている問題と相通づる2大問題です。朝まで生テレビ田原総一郎と激論交わせる自身があります。(ここをエンバシー・スイーツ・ワイキキビーチウォークの3つの魅力のうちの2つにもあげるなんて、ケチリーマンの真骨頂発揮です)そんなハワイのホテルの中で珍しくここエンバシー・スイーツ・ワイキキビーチウォークは朝食付きなのです。朝食といえども家族で食べれば、塵も積もって山になっちゃいます。物価高とチップのハワイではダイヤモンドヘッドの後ろに見えるくらい高くなります。それが、無料っていうかホテル料金にコミコミなんです。ケチリーマン万歳です🙌。そして、この朝食の内容が素晴らしいんです。一部の口コミではたいしたことないとか食べなかったとか言われてますが、ケチリーマンにしてみれば、いやケチリーマンじゃなくても信じられない意見と暴挙で、その内容は素晴らしいの一言です。

OPEN時間は7:00〜これなら早起きして朝日を見てお腹すいたタイミングでいけます。ホテルで食べれるので、多少ラな格好でも大丈夫です

f:id:kechiryman:20170217223959j:image

まずは席を確保します。とはいっても席数が多いにで、ピーク時間の8時でも待つなんてことはありませんでした。

f:id:kechiryman:20170217224851j:image

おまけに入口に案内のおばさんがいるので空いている席を探してくれます。席を確保したらバイキングスタイルなので後は日本のホテルと同じように自分の好きなものを取りに行くのですが、エンバシー・スイーツ・ワイキキビーチウォークの一番の違いが、この無料で付いてくる朝食が無料で付いてくる朝食の域を超えているという内容の良さです。

▪️フルーツ、サラダ

f:id:kechiryman:20170217224734j:image

 ▪️スクランブルエッグ、パンケーキ

f:id:kechiryman:20170217224945j:image

▪️ソーセージ、ベーコン

f:id:kechiryman:20170217225047j:image

なんだ、当たり前の内容じゃんって思った人はあまいです。

▪️いろんなパン

f:id:kechiryman:20170217225220j:image

出た。ケチリーマンの親父すかし!

▪️出来立てオムレツ!

f:id:kechiryman:20170217225419j:image

f:id:kechiryman:20170217225448j:imagef:id:kechiryman:20170217225532j:image

色んなものが混ぜれるんです。ほうれん草、ピーマン、刻みベーコン、ハム、玉ネギ、トマト、マッシュルーム…最後にチーズはどうする?って聞かれて「a little 」で本日一発目のイングリッシュです。

▪️完成です。

f:id:kechiryman:20170217225943j:image

ケチリーマン大満足の内容です。

もちろん飲み物もあります。

▪️コーヒー☕️

f:id:kechiryman:20170217230059j:image

▪️バラエティ豊かなソフトドリンク

f:id:kechiryman:20170217230139j:image

f:id:kechiryman:20170217230207j:image

f:id:kechiryman:20170217230229j:image

ケチリーマン大丈夫でエンジン全開で1日がスタートします。

ごはん、納豆、味噌汁もありますがごはんは正直、日本人が食べれるクオリティではありませんでした。納豆は普通。味噌汁は吉野家並みです。