読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お好み焼き編:南区山城町「丹也」


日々、安くて美味しいお好み焼きを探して彷徨う荒野のお好み焼きハンターケチリーマンです。
とはいえ、中々、500円台で美味しいお好み焼きとなるとハードルが高くなってしまうのが、広島のお好み焼きを取り巻く環境です。

そんな中、ケチリーマンが満を持して紹介するのは南区山城町の「丹也」さん

今日は「丹也」さんをドラフト会議にかけても問題ないか調査します。

ていうか、ケチリーマンが高校生の時から通っているので、顔なじみなのです。

最近は出没頻度が少なく月1回くらいとなっていますが、その味はいかに⁉︎

 

f:id:kechiryman:20170413172928j:image 

 

路面電車でのアクセスは広島駅から

「広島港行き」1番,3番,5番路線のいずれかに乗車し,県病院前で下車,徒歩15分。

バスでのアクセスは広島市内中心部から

仁保沖町行き」12号線(戸坂~仁保方面)に乗車し,中国自動車学校で下車,徒歩3分

ですが、正直、交通の便は悪くあえて行くなら車です。

しかし、その車で行っても駐車場はおろかコインパーキングも近くにはありません。

すなわち、これぞまさに広島庶民のお好み焼き屋さんの典型である近所の人の、地元の人のお好み焼き屋さんなのです。

あえていうなら、周囲には、広島南警察署や中国自動車学校があります。

ケチリーマン悪いことはしないのですが、落し物をよくするので、1年に1回くらいはこの南警察署に出向くことがあります。

周囲は、これぞ広島の下町、旧市内と言われる所以の庶民感満載の光景が広がります。

住宅街でケチリーマン憧れの翠町5丁目(※翠町5丁目はケチリーマンが住みたい場所です。)もすぐそばです。

 

ここで、ケチリーマン恒例の儀式、暖簾から中を覗く必要はありません。

なぜなら、ケチリーマン行きつけだからです。

ケチリーマン:「こんちは〜」

おばちゃん:「お〜」

ケチリーマン:「肉玉そばシングル!」

おばちゃん:「シングルで足りるんね?」

ケチリーマン:「シングルが一番うまいんよ」

のいつもの定型の会話から、必ずおばちゃんの昔話の流れです。

8?歳のおばあちゃんですが、背筋はしゃんとしていて身綺麗です。

実際よりかなり若く見えます。

「商売というより、うまいお好み焼きを食べさたい務めでやっとるんよ」とよくおっしゃられています。

これぞまさに、庶民派ですね。

 時間は12時30分。

お昼過ぎですが、いつもそんなにお客さんはいません。

 定位置であるテレビとおばあちゃんが見れる位置にOTT(on the teppan)。
「肉玉そば」は550円です。

消費税が10%にあがったら値上げせんとね〜と8%は耐えられました。

 

f:id:kechiryman:20170413174957j:image

 

オーソドックスな焼き方です。

生地、魚粉、キャベツ、もやし、豚肉のミルフィーユに袋麺です。
そばをお好み焼き本体と同時進行で焼いてパリパリにするスタイルです。

キャベツは細かいザク切りタイプ。

しっかり押さえて水分を抜きます。
肉玉そば(550円)到着!

 

f:id:kechiryman:20170413175232j:image


うまそうです。

すべてのバランスがいい。

おばちゃん曰く

「肉と天カスにはこだわってるんよ」

確かに、広島のファーストフードとして早く出来上がりますが、味に深みがあり飽きません。

あっという間に完食です。

初期設定のソースの分量もパーフェクト💯!

 

550円、いつもの味。

食のプレイボーイ、ケチリーマンが浮気しない味はやはり格別でした。

口調が多少荒く感じられるおばちゃんですが、広島の庶民の味を大切に守り続ける大切な存在です。

 

f:id:kechiryman:20170413180009j:image

 

南区山城町「丹也」さん。

馴染みの味で見事ドラフト会議候補となりました。

 

 ごちそう様でした。

 

 

 

2017年子連れハワイ:ベストレストランはチーズケーキファクトリー!

子連れにとって食事は苦痛です。

こんなこと、子供ができるまで思いもしませんでした。

家族全員で食べる食事はさぞかし美味しいんだろうな〜。

確かに美味しいんですが、それよりも苦痛が上回る(苦痛が上回る時がある)のです。

その原因は

①自分のペースで食べれない

②味わえない

③周囲に迷惑がかかる

ハワイには、

そんなことを気にしないでよくて

特別感も味わえて

アメリカンな

レストランがあるんです。

それが、「チーズケーキファクトリー」です。

 

f:id:kechiryman:20170424182626j:image

 

アメリカのファミレスのチェーン店らしいのですが、そんな雰囲気感じさせないレストランなのです。

そこには、子連れにとって嬉しいポイントがいくつかあるのです。

◾︎暗い

→こぼし放題です。

◾︎ざわざわしている

→泣かせ放題、わめかせ放題、もちろん節度はありますが、気にしなくていいです。

◾︎混雑している

→時間かけ放題でゆっくり自分達のペースでできます。

店員も忙しそうなので、程よい接し方です。

 

 f:id:kechiryman:20170424182727j:image

 

でも、味は?

って思うでしょ〜?

美味しいのです。

雰囲気もなかなかなのです。

 

まずは、飲み物をオーダーします。

嫁と息子はノンアルコールのフローズンカクテルで、ケチリーマンはアルコールをいただきます。

ドリンクもUS7$程度で良心的。

ノンアルコールのフローズンカクテルも豪華なので、毎回絶対頼みます。

その時の気分でストロベリー🍓だったり、マンゴーだったり。

ケチリーマンはモヒート。

 

f:id:kechiryman:20170424183139j:image

 

メガサイズで到着します。

メインメニューです。

欲張りなケチリーマン

組み合わせメニューの中から

 

f:id:kechiryman:20170424183328j:image

 

ステーキダイエンとハーブクラストサーモン  US23.95$

大食漢な我が家にはぴったりのアメリカンサイズです。

ただ、周囲を見回してみると、ピザ🍕やパスタ🍝は2人でシェアしたほうがいいくらいの量です。

例え、子供が食べ盛りの小学生でもキッズメニューで十分です。

5歳の息子は、キッズメニューから、ミートボールとパスタのセットでしたが、食べきれず、ケチリーマンが食べましたが、腹パンパンです。

むしろ、最初にサーブされるパンを食べ過ぎないようにしましょう。

 

f:id:kechiryman:20170424184705j:image

 

夫婦それぞれ、組み合わせメニューから1品づつ、息子はキッズメニュー、

ドリンクをそれぞれが頼んで、チップ込みでUS100$ちょっとです。

ウルフギャングさんの半額。

ケチリーマンの家族的にはこちらの方が満足感が高い結果となりました。

 

唯一の難点は予約できないこと。

大体30分〜40分くらい待ちます。

受付で名前と人数を言うと、震えるブザーを渡されます。

大体の待ち時間を聞いたら、すぐには呼ばれないので、ロイヤルハワアンセンターのショップを散策しましょう。

ハワアンスリッパーやレザーソウルなど、これから嫁の機嫌がチーズケーキファクトリーさんで上がるので、オールデンとか物色しましょう。

ただ、ロイヤルハワアンセンターのレザーソウルは、男の宝箱状態。

普段、物欲があまりないケチリーマンも、ワクワクしちゃいます。

そして、まんまとレザーソウルさんの餌食になりました😃。

 

 f:id:kechiryman:20170425082213j:image

 

30分くらいしたら、嫁も飽きてくるし呼ばれる可能性高いのでチーズケーキファクトリーの前で待ちましょう。

ワイキキのメインストリートを眺めるだけでも飽きません。

 

f:id:kechiryman:20170424184717j:image

 

黄昏れる息子も大きくなったなぁ〜と感じました。 

2017年子連れハワイ:ベビーフード編

ケチリーマンには、時間がないんです。

何でかと言えば、娘が10ヶ月だからです。

「?…」

娘が2歳になったら、国際線は子供運賃が必要なんです。

その前に、無料の間に、お得にハワイに行かなきゃ行けません。ケチリーマンの本領発揮です。

ですが、これ…。

行けたとしてもかなりの重労働なんです。

泣く(空腹、オムツ交換、睡魔のことが大半ですが、意味不明の場合もあります。機内は泣かせないように細心の注意が必要です)

荷物が増える(オムツだけでも結構な量です)

離乳食が別で必要(今回のテーマ)

歩かない(当然ですが…)

寝ない(うちの子、特に寝ないので、一旦寝たら起こさないようにこれも、細心の注意が必要です)

そんなに大変なのに、ハワイに行く唯一の支えは娘とハワイの青い海で泳ぐケチリーマン精神だけです。

 

f:id:kechiryman:20170421183722j:image

 

そんな時、出発前に嫁から

「離乳食、肉駄目なん?」と。
「えっ?」

ケチリーマン驚きながらも、調べると

アメリカへの肉類(牛、豚、鶏)、及び肉を含んだ食品、肉のエキスを含んだ全ての食品持ち込みは禁止されているんです。国家安全局が言ってるんですから、従うしかありません。

そんな中、赤ちゃん用品の宝庫

アカチャンホンポ

 

f:id:kechiryman:20170423082157j:image

 

 ベビーフードコーナーです。

 

f:id:kechiryman:20170421184006j:image

 

バリエーション豊富ですね〜。

ケチリーマンこの写真撮るためにベビーフードコーナーのメンテナンスしました。

 でも、鶏肉、牛肉といったものが入っていないものは…

 

f:id:kechiryman:20170421184011j:image

 

たった3つだけでした。

 

 f:id:kechiryman:20170421184052j:image

 

食肉(牛肉、鶏肉)とありますね。

残念ですが、この3つをルーティンにすることに決定しました。

アカチャンホンポでベビーフード買うなら、アルパークがオススメですよ。

 

f:id:kechiryman:20170425081534j:image

 

アカチャンホンポのポイント💳とアルパークのポイント💳両方取れます。

それを、クレジットカードで払えば、カード会社のポイント💳GET!と3重GETです。

(宇品のゆめタウンゆめカードのポイントが取れません。)

当然、大人用に買い込んだカレーやカップラーメンも食肉(牛肉、鶏肉)祭りです。

なので、やむなく、さとうのごはんと味噌汁とふりかけを持って行くことにしました。

で、ハワイの入国に際して、

そんなチェック一切ありませんでした。

ハワイで売っているカップラーメンは美味しくないのでこれくらいのチェックなら

「持ってくれば良かった〜」と思ったのです。が、ルールはルール。

楽しいハワイを過ごすためにも、万が一を考えて。

でも、ケチリーマンは次回はカレー🍛、ラーメン🍜持って行くぞ!と思ったのも事実です。

2017年子連れハワイ:子連れでウルフギャング

ケチリーマンがハワイに行って

唯一、豪遊するのが、あの有名なウルフギャングです。

ウルフギャングは言わずと知れた熟成肉のポーターステーキが有名なレストランです。

フィレとサーロインが一度に楽しめるなんとも贅沢なステーキです。

広島だったら、ここクラスって言いたいんですが、ケチリーマン、高級レストランはよく知りません。

子なしの時は、何の躊躇もなく訪問していましたが、子連れになった今、興味の矛先は

①ポーターステーキは5歳子連れで何人前がいい塩梅の分量なのか?

②子連れでも楽しめるのか?

という

①は、豪遊と言うときながら超セコリーマンな問題を実証するために、訪問です。

 

f:id:kechiryman:20170421082434j:image

 

まず、予約です。

以前は、HISのクーポン(US120$)で「嫁はよう食べるの〜」と思いながら、食べた思い出がありますが、今回はOPEN TABLEさんでネット予約。もちろん日本語対応で希望の曜日と時間の空きが一目でわかるので、らくちんです。

30分刻みですが、やっぱり6時〜7時は混んでます。何とか6時半で予約。

子供の規則正しい食事のルーティンのためには、6時が良かったんですが…

店内は大盛況です。

 

f:id:kechiryman:20170423225809j:image

 

奥の窓際の席に通されました。

 

f:id:kechiryman:20170423235246j:image

 

窓が開け放たれていて開放感MAXです。テンション上がります。↑

が、最初に席に案内してくれたお姉さんが、

「子供の席はどこにする?」

的なことを聞いてきました。

じゃあ、ここにしようかなとハイチェアを置くと、

「そこは、人が多く通るからダメ」

だという。じゃあ、聞くなよ‼︎

そのあとも、注文聞く時は、満面のサービススマイルだけど、聞いたら、

「はい、さよなら」的な要素が満載です。

子なしの時代は注文したら

「エクセレント!」

とか、

「good!」

とか、なんじゃこのフレンドリーなサービスは⁉︎と感心したものですが、今回は皆無で、ただ、機械的にやってる感満載。

本当はいつもやるんでしょ?とカマをかけてみるけど、プーです。

最悪なスタートを切りましたが、料理に罪はありません。

まず、最初に

ウルフギャングサラダ🥗(US15$)登場!

 

f:id:kechiryman:20170423222635j:image

華やかです。

少ないね〜と思ったけど

もう嫁と自分の分にあらかじめ取り分けてくれたんだね。

でも、味が薄い。

「ピエトロかけて」って思っちゃう。 

そして、ポーターステーキfor two(US115$)登場!

 

f:id:kechiryman:20170421083037j:image

 

思ったより小さいね。

今回は5歳の息子がぐずって小食だったからOKだったけど、来年はfor threeじゃないといけない「カカアコキッチン」パターンです。

 

f:id:kechiryman:20170423225504j:image

 

取り分けてくれます。

断面ピンクで美味い😋です。

 

f:id:kechiryman:20170423230310j:image

 

息子も高級感に緊張していたのか段々慣れてきて、大好きな💕母さんに

「あ〜ん」

です。嫁も嬉しそう。

ケチリーマンも大満足。

 もういいな。と思っていたら、

最初に注文したから、分量配分できてなかったね。

ジャーマンポテト(US10$)登場。

 

f:id:kechiryman:20170423225539j:image

 

でかっ!

これも、取り分けられてるので、一人分。ヘチマ見たいな大きさです。

これぞ、アメリカンサイズ。

大食漢の我が家も半分持って帰りました。

 

そして、ケチリーマンの真骨頂。

道端にあるフリーペーパーについていたクーポンでGETしたデザート。

(今回、ウルフギャングのクーポンは中々見つけられませんでした)

 

f:id:kechiryman:20170423225605j:image

これが、一番うまいと感じたね〜。

 

そして、この日はおじいちゃん登場。

 

f:id:kechiryman:20170423230317j:image

 

この人がウルフギャングさんなんだって。

よく知らないけど、パシャリ。
金持ちオーラがプンプン漂ってました。

本人登場でなんか得した気分だけど飲み物とか、込みで

総額 : US170$。

料理は満足だけど、サービスはイマイチでチップはレシートに18%、20%、22%と段階的に記載してあり、当然感がムカつくね。

もちろん、18%(US30$)をマークするけど、それでも納得いかない。

チップ込みでUS200$!

(日本でカードの請求額見たら、23,000円でした。高っ!)

はっきり言おう。

このサービスとチップじゃ再訪はない。

ガルビ屋大福で思いっきり注文して、若い学生のお兄ちゃんのぎこちない接客のほうがよっぽどいい。

でも、一度この雰囲気は味わって欲しいし、味あわせたいと思うんだな〜。

◾︎結論

①ポーターステーキの発注数は?

親が大食い+子も大食い=steak for three+前菜1つ

親が普通+子も普通=steak for two +前菜2つ

②子連れは楽しめるか?

正直、無理です。

子連れは、あとで紹介するチーズケーキファクトリーがいいですよ。

 

 

 

2017年子連れハワイ:KENEKESで満腹

ハワイはアメリカ🇺🇸です。

アメリカ感も満喫したい欲バリーマンです。

そんな欲バリーマンのアメリカを満たしてくれるランチスポットを紹介します。

◾︎KENEKES(ケネケス)

f:id:kechiryman:20170417222414j:image

ワイキキから、レンタカーでカイルアへ向かうのが我が家のいつもの午前中の定番コース。

その途中、大海原を目の前に海沿いを進みます。

f:id:kechiryman:20170417222638j:image

f:id:kechiryman:20170417222825j:image

ちょうど昼ご飯どうしようかな?と思うにはちょっと早いくらいで右手に出現するローカル色満載の店がKENEKES(ケネケス)です。

一瞬、やってるのかな?と思う感じですが、恐る恐る近づきます。

子供が言うことを聞かないと鬼が👹でてくるよと言ったら、子供が瞬殺で布団にはいりそうなカウンターで注文です。

f:id:kechiryman:20170417223207j:image

f:id:kechiryman:20170417223359j:image

f:id:kechiryman:20170417223535j:image

10時半くらいでしたが、ランチスペシャル、ブレックファーストスペシャル両方注文可能でした。

◾︎ランチスペシャルから照り焼きチキン

f:id:kechiryman:20170417223738j:image

◾︎ブレックファーストスペシャルからカルビスペシャ

f:id:kechiryman:20170417223824j:image

両方とも7ドル99セントでライスとマカロニ、ミディアムサイズのドリンクがつきます。

ミディアムサイズといっても、日本ではメガサイズです。

向かうは、カイルアのビーチ🏖

ひと泳ぎする前にベンチでランチ。

f:id:kechiryman:20170420142340j:image

よく食べる我々夫婦でも、興醒めのボリュームです。

妻と5歳の息子と2つをシェアしても1/3は食べきれないくらいのボリュームです。

 味は、男子高校生が大好きな味です。「飯に合う」とはこのこと。

そのあとは、嘘みたいな色の海でスイミング🏊🏊‍♀️🏊🏊‍♀️🏊

f:id:kechiryman:20170420143029j:image

カイルアのビーチには

無料のパーキング、シャワー、ベンチがあって不自由することありません。

ただ、12時前くらいだと駐車場がいっぱいになりますが、ちょっと待ってたら空きます。

ていうか、ローカルの人!こんな至れり尽せりの設備、羨ましい。

確かに広島の水尻の海水浴場も無料のシャワーあるけど、海水浴シーズンは駐車場は有料だもんね〜。

何より、海の綺麗さと、湿度が違うもんね。

ていうか、「ビーチ」じゃなくて「海水浴場」って言う呼び方から変えないとね。

(ケチリーマンがさま〜ずのやってる世界さま〜リゾート(RCC:土曜深夜0時)やったら、いいビーチの条件は、砂のきめ細かさ、水の透明感、水温に加えて、海の中の砂の状態(いざ、海に入ったら底が岩なんて最悪👎、海の中もサラサラな砂がGOOD‼︎)、そして、湿度も条件に入れます。あの番組見て大竹さんの神経質ぶりには、めっちゃ共感できます。シャワーの水圧(ケチリーマンなら温水時の水圧をチェックします)、リネンのカビ臭さ譲れないもんね〜。)

そして、ケチリーマンがいつも記念撮影するのは、カイルアビーチから住宅街の方に行った辺りの住宅と住宅の間の小道。

f:id:kechiryman:20170420232052j:image

この辺り、結構、路駐が多いですが

駐禁怖いし、住民の人に迷惑かけちゃいけないので、小道抜けて「ドン!」っていうビーチ見て、写真を観光客の人に頼んで、即撤収のパターンです。

 ヤバィ!

また、行きたくなっちゃうよ〜。

何とかマイル✈️貯めないと。

 

 

2017年子連れハワイ:カカアコキッチン(外せないランチスポット)

ケチリーマン食には人一倍執着心が強いんです。

せっかくハワイに来たら、ここでしか食べられないものをと思って計画を立てます。

ただ、ここ数回は行くお店が固定化しています。それは、妥協ではなく、久しぶりのハワイでもまた、行きたいと思わせる店だからです。

◾︎カカアコキッチン

f:id:kechiryman:20170415155023j:image

言わずと知れた有名な食堂?レストラン?です。開放的なテラスで食べるアメリカっぽいパッケージのランチボックス。

我が家のおすすめは…

f:id:kechiryman:20170415155152j:image

mix I - 2 choices - 11.75
beef stew - 5-spice shoyu chicken - furikake tempura catfish

white or brown rice and potato-mac or green salad

(照り焼きチキンと白身魚のフライ:1,400円)

高いね〜。でも、ハワイのプレートはこんなもんですが、それ以上に満足感あります。

f:id:kechiryman:20170417184528j:image

〜子連れ目線のカカアコキッチン情報〜

①どうやって行くか?

このカカアコキッチン地味にワイキキ中心部から離れています。

ネットには、ワイキキ中心部からthe busでとかありますが、子連れには無理、無理。

我が家はもっぱらアラモアナから、徒歩です。

アラモアナまでは、JCBカード💳でピンクラインに無料乗車できるので、HISやJTBのツアーじゃなくて、個人手配でも安心です。

f:id:kechiryman:20170417183641j:image

多少、距離がありますが、15分くらいで着くし全然、迷いません。

f:id:kechiryman:20170417083420j:image

途中の交差点では、信号待ちのボタンを息子が高橋名人並みに連打します。

f:id:kechiryman:20170417083942j:image

帰りは、アラモアナの裏のウォールマートで、水を買って、バラマキ用のお土産の下見が到着当日の王道コースとなっています。

f:id:kechiryman:20170417184745j:image

1月は、気候もいいし、カカアコキッチンで無料の水があるので、歩いて疲れても全然大丈夫です。

f:id:kechiryman:20170417184517j:image

 ②量は、どうなの?

今回の悩みどころは5歳の坊主分↑
最近、結構よく食べるんです。
我々、夫婦もよく食べるんですが、2つをシェアして正直ギリギリの量ですよ。

よそ行きトークで、「アメリカ🇺🇸サイズ」で、とか「腹パンパン」とか言いません。しかし、我々、よく食べると思います。
(来年はもう3つ必要ですが、バリエーション豊富なので、問題Nothing!)

 

「カカアコキッチン」

たとえ、機内で寝れなくても、疲れがぶっ飛ぶこと間違いなしのおすすめスポットです。

 

居酒屋編:「うしお」南区大須賀町

ケチリーマン大勢で群れるのが嫌いです。

かっこよく言えば、一匹狼。

悪くいえば、協調性がないってことです。

「どうする?どうする?」が嫌いなんです。例えば、飲み会のあとの2次会とかカラオケ🎤とか。

だから、ケチリーマンはスパッと、

「お先に失礼します!」って1人2次会。

最近は会社の飲み会すら避ける始末なので、サラリーマンとしてはダメリーマンです。

そんな、ケチリーマンの記念すべき居酒屋第1弾は南区大須賀町「うしお」さんです。

最近、特に熱い通称「エキニシ」エリアです。

 f:id:kechiryman:20170413200440j:image

おしゃれ背伸びおじさんが、等身大でいられる場所です。

f:id:kechiryman:20170413200353j:image

3,000円のコース1本と事前調査バッチリです👌。

まずは、飲み物から…

ソフトドリンク以外は、全て500円です。ソフトドリンクは2、300円どちらだったか?

f:id:kechiryman:20170414082604j:image

ここで、たちまちビール🍺ですが、ここにケチリーマンのチェックポイント!

生ビールを注文します。その状態でお店の状態を判断します。

生ビールがうまい=間違いないの方程式確認の儀式です。

泡のきめが細かくてうまい😋です!。

そして、アサヒのスーパードライ

通な方は、キリンとかなんでしょうが、スーパードライのガツンと来る感じが大好きなので、ビールはもっぱら、スーパードライ

ひょっとして、大将?

ケチリーマンのこと知ってんの?

なんて、妄想は置いておいて…。

 

f:id:kechiryman:20170414082637j:image

 間違いない。期待が高まります。

程なく前菜登場!

コース1本なんで、あらかじめ準備されているのでしょうが、いいタイミングです。つまんないお通しで料金とってしまう店とは雲泥の差です。

◾︎前菜

f:id:kechiryman:20170413200536j:image

おつまみの宝石箱やー。

ポテサラ、バイ貝🐚のうま煮、南蛮漬け、ホタルイカ酢味噌和え、セロリ漬け、チーズ🧀

どれも丁寧な仕事で美味しいね〜。

続いてお刺身。

◾︎刺身

f:id:kechiryman:20170413203624j:image

カツオ、サヨリ、ヒラマサ

いい塩梅の量です。

ここで、焼酎にチェンジ。

前割り焼酎を燗で。

f:id:kechiryman:20170414083828j:image 

f:id:kechiryman:20170415152101j:image

危険です。どんどん飲めちゃいます。

続いて椀物

◾︎椀物

f:id:kechiryman:20170413200641j:image

あさりと菜の花

優しい出汁が食道から胃に落ちていきます。生きてるって、素晴らしい!

続いて焼物

◾︎焼物

f:id:kechiryman:20170413200655j:image

鰆の西京焼きと豚肉とこんにゃくの幽庵巻き

これまた、焼酎に合う、合う、合う。

続いて、ケチリーマンに必須の揚物

◾︎揚物

f:id:kechiryman:20170413203705j:image
ホタテと海老のクリームコロッケと新玉ねぎ

和のコースなので、クリームコロッケの変化球にやられちゃいまして、再度、ビール追加。

揚物間違いない。

ケチリーマンの血液は油でできているので、見事な融和。

 ◾︎おまけ

出汁巻玉子

f:id:kechiryman:20170413203734j:image

◾︎締め

そば

f:id:kechiryman:20170413204242j:image

そばですわ。ちゃんとしてますわ。

するすると入っていきます。

やべえ。腹パンパンです。

 

f:id:kechiryman:20170415151721j:image

 

て言っときながら完食です。

いや〜満足満足。

ドリンクは一律500円。

料理3,000円といいわかりやすいです。

ビール2杯、前割り焼酎2杯で5000円!

しかも、税込‼︎

 

大将は流川のカサブランカビルにあった「そらきゅう」さん出身だそうです。

f:id:kechiryman:20170413200551j:image

その「そらきゅう」さんの閉店はサラリーマンでもあるケチリーマンにとって、広島に来られるお偉いさんをお連れするのに重宝していたのに残念なニュースだったのですが、使いやすさそのままに復活していただいた気分で、感謝!感謝‼︎です。

バリエーション豊かな前菜、前割り焼酎、飽きさせないコース、いい塩梅の接客、リーズナブルな値段など、随所に「そらきゅう」さんのいいところを感じられるお店でした。

トイレは2階

エキニシの特徴でもある古い建物なので

階段の傾斜がハンパないです。

(芸北国際の上級者コース並み)

酔った足元には、ちとキツイ。

店内のBGMは懐かしのラブサイケデリコ。

落ちつくわ〜。

南区大須賀町「うしお」さん

ドラフト会議候補となりました。

ご馳走様でした。

 

広島駅南口もどんどん変わってきてますね。

f:id:kechiryman:20170415151858j:image

f:id:kechiryman:20170415151912j:image